自分の食行動を分析してみる その②

前回のお話

前回、「自分の食行動を分析してみる」というブログを書かせて頂きました。

■行動分析とは

「きっかけ」→「行動」→「結果」の3つの枠で行動をとらえていくこと

■行動を変化させるには(問題行動を減らすには)

「きっかけ」を消失させる

「行動」の代わりになる行動(代替行動)を探す

「結果」を消失させる

■その他のポイント

・今とっている行動の代わりの行動を探すときには、似たような良い結果が伴うものを考えること

・できなかった自分に罰を与える形の行動変容の仕方ではなく、良い行動ができたときを分析したり、ほめてもらったりすることも重要!

ということでしたね。

この3つの枠での分析にもう1つだけおさえておいて欲しいことがあるのです。

今日はそれについてお話しします。

行動が生じやすい状況

今回も「ジュースを一気に飲む」という例でいきましょう。

みなさん自分に置き換えてみてください。

大好きなジュースをたっくさん満足するほどに飲んでお腹がタプタプな状態でも、

(A)ジュースの写真を見ると

(B)ジュースを一気飲みする

という行動をとってしまいますか?

そんなことはないはずです。

つまり、この行動(B)が起こりやすい状況でないと、(A)→(B)→(C)が成立しないときがあるということです。

これを心理学では「確立操作(Establishing operation)」と呼びます。

つまりは、喉が乾いている状況であれば「(B)行動」が起こりやすくなるけども、

喉を潤しておけば、「(B)行動」が起こりにくくなりますよね。

行動が生じにくい状況をあらかじめつくっておく

この原理を使用すれば、

前回ご紹介した、(A)(B)(C)を変化させるだけでなく、行動が生じにくい状況を作っておくことも、行動を変えるのには役立つ、ということがいえます。

この例でいくと、

「仕事に疲れている」、「緊張している」、「喉が乾いている」

という状況だと、「ジュースを一気飲みする(B)」という行動をとりやすくなるので、

「仕事に疲れている」、「緊張している」→ストレスが和らぎやすい心身づくりをしておく

「喉が乾いている」→喉を別のもので少し潤しておく

という対処方法が考えられますね。

そういうときこそLe:selfへ

ストレスが和らぎやすい心身づくりか・・
どうやってやればいいの?

と思ったあなた。

そういうときこそLe:selfの出番だと思っています。

オンラインカウンセリングでこのように1人1人の行動や心を状態を一緒にみていき、

オーダーメイドのプログラムを組んでいくことが可能です。

その中で、上記のようにリラックスが必要という場合には、どのように実施していくかを一緒に考えることもありますし、

ヨガなど体からのアプローチがリラックスに効果的だと思われる方にはヨガのワークショップやグループセラピーをおすすめすることもできます。

また、来月、この食行動の分析とリラクセーションに関するワークショップも開催予定ですので、

実際にお話しを聞きたい方は、申し込み予約が始まりましたらぜひご予約くださいね。

お待ちしています。

プライバシーポリシー サイトマップ ありがとうページ リンク