マインドフルネス瞑想アプリまとめ-人気6種類の特徴-

最近、たくさん出てきたマインドフルネスのアプリ。
おうちでのマインドフルネス瞑想の習慣化のために使用するのはとても良いことです。

今日は6種類のアプリについて、簡単に特徴をまとめました。
みなさんがアプリを使うときの、お役に立ちますように。

今回は6種類のアプリを簡単にご紹介しておきたいと思います(順不同)!

*Awarefy

Awarefy(日本語)(無料)
・今日の天気・気圧変動がトップ画面で見られる。
・朝晩の心と体の調子をチェックできる(チャット形式で記録)。
・感情メモ(出来事・感情の種類と強さ・考えたこと・状況の整理)を記録できる
→感情は円グラフにしてくれて、1週間の感情のまとめを作成してくれる。
・マインドフルネス、こころの働き、感情との向き合い方などのの知識を得るための音声ファイルを聞くことができる。
・マインドフルネスのガイド音声を聞くことができる。

*Calm

Calm(英語)(無料:使用制限あり、有料会員:年5300円)
・今日の気分を絵文字とタグで選択し、記録できる。
・上記の気分のチェックに対してのおすすめ瞑想ガイドをセレクトしてくれる。
・瞑想、リラックス音楽のみ聞くことも可能。

*Cocorus

cocorus(日本語)
・リラックス、ストレス改善、生産性をあげる、などお悩みごとにたくさんのプログラムが収録されている。
・瞑想、リラックス音楽のみ聞くことも可能。
・有名な先生のガイド音声を聞くことができる。
・最近人気の日常の中での心地いい音と言われるASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)が収録されている。水を注ぐ音や、ナッツを刻む音など。

*Muon

Muon(日本語)(無料:1コンテンツのみ使用可、有料会員:年4200円)
・「通勤中に」、「勝負のプレゼン前」など状況に合わせた瞑想を選択できる。
・カウントに合わせて呼吸を深めていく、「呼吸カウント」ができる。
・無音で瞑想したいときの瞑想タイマーがついている。
・スマホのカメラ部分に指を数秒押し当てることで、心拍を測定し、現在のリラックス度と集中度を測定できる「muon測定」がついている。

*Relook

Relook(日本語)(無料:使用制限あり、有料会員:年4800円)
・マインドフルネス、睡眠&起床、ストレス、仕事&勉強など、お悩みごとにたくさんのプログラムが収録されている。
・各プログラムは単発のものもあるが、7日間のプログラムなど継続してやれるものも多くある。
・雨・癒し・火・川など自然音も収録。ASMRも収録されている。

*RessellME

RussellME(日本語)(無料)
・ログインすると、今日の心に響く一言とおすすめの記事、プログラムが出てくる。
・for beginners、Self-Care、Sleepなどいくつかにプログラムが分かれている
・マインドフルネス、睡眠、感情、仕事など様々なジャンルの記事が掲載されており、読むことができる。

それぞれのアプリの使用感などはまた改めて、別の記事でご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!

ちなみに・・・マインドフルネス瞑想のアプリを使用するとどんな効果があるのかについてはこちらに詳しく掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
「マインドフルネス瞑想アプリは効果ある?」