【zoomオンライン開催レポート】支援職向け夜のマインドフルネス講座

支援職向け夜マインドフルネス講座を急遽開催することに・・

5月12日(火)の夜。
Assembleさんと一緒に、支援職向けのマインドフルネス講座を開催致しました。

支援職の方に明日から使えるものを提供するのがAssembleさんのワークショップの特徴。

しかし、この閉塞的な状況に伴う環境の変化で、支援職の方たちもかなり疲弊しているのではないか

そして、心が疲れていれば、どんなに良い支援のツールを手にしたところで使うことができないのではないか

そんな思いが私たちの中にはありました。

そんな思いから、支援職の方自身のケアをメインにおいたマインドフルネス講座を開くべきではないかという方向に話が進み、そして、それは今こそ必要だということで、またまた急遽開催することに。

ビデオオフOKの気軽な参加が可能

お仕事が終わり、寝る前の時間を使ってのひとときを使ってのマインドフルネス。
もし自分が受けるなら・・・と考えたとき、すでにお風呂に入っているだろうし、わざわざメイクし直すのも服を着替えるのも面倒・・・。
それなら受けることをやめようかなって思うだろうなと。

そこで、ビデオオフOK開催とさせて頂くこととしました。
もちろん、支援職限定といえども、安全性に心配がないわけではなかったので、実施中に体調が悪くなった方へのご案内などもさせて頂いた上での開催でした。

お悩みに合わせたグループオーダーメイドのマインドフルネス体験

この夜マインドフルネスの特徴は、事前にお悩みや症状を書いて頂き、それに合わせたマインドフルネスのワークをグループオーダーメイドするというところ。

皆さんのお悩みを見て、私はこんなことを思いました。

当日は、こんな流れの90分。
導入&2分呼吸瞑想(20分)
→マインドフルネスとは(マインドフルネスの効果など)(20分)
→マインドフルネス体験(30分)
→シェア(20分)

今回の体験は、簡単に肩まわりをほぐした後、呼吸瞑想を体験して頂きました。

マインドフルネス体験後のシェアもチャットでOK!

シェアは、ご自分の感じたことをなんでも話して良い場所となっています
ですので、聞く側は良い悪いをジャッジしないで聞くことをルールとして、ご自分の体験した感覚をそのまま安心してシェアして頂けるようにしています。

今回の、シェア・質問については、音声でもチャットでもOKとさせていただいておりました。

チャットが追えないほど(笑)のたくさんのご感想や質問を頂きました。
チャット機能を使用したシェアだからこそ、言いやすい、話しやすいということももしかしたらあったかもしれません
シェアの内容は外には話はしないというルールになっているので、ここには記載しませんが、ご参加の皆様、積極的なシェア、ありがとうございました!!

夜マインドフルネス講座にご参加されて・・

最後にマインドフルネスを体験してのご感想を掲載させて頂きます。

<身体症状の軽減>

・体が軽くてさっぱりした。
・モヤモヤなく寝れそうです。
・呼吸が楽になりました。
・予想以上に頭と身体がスッキリしました
・胃腸の具合がよくなりそうな感触があった
・自覚していた以上に疲れていることに気づきましたが、最後はその感じも軽くなり、終わった後は爽快感さえ感じました
・頭の中が整理できたり、やる気が出た
・身体がぽかぽかしてよく眠れそう

<マインドフルネス講座(呼吸瞑想)での新しい体験>

・初めて呼吸を楽しめました
・「鼻腔」などの細かい表現に発見があり、有意義だった
・教示のもと実践すると,呼吸にともなう体の動き(特にお腹)に意識が向けやすかった
・アプリを使って自分で瞑想をするより、きちんと取り組めた

マインドフルネスは、その場でリラックスすることのみが目的ではなく、「気づきを得る」ことが本質。だから、時には辛い感情に出会うことも。それでも、「マインドフルネス」が自分自身の心のケアに使えるかもしれない、とか続けてみようと思って頂けるようにするには、なるべくいい体験ができることも大切だと思い、1人1人のお悩みを何度も読みながら、構成と、ガイドを作成しました。

結果、身体症状が軽減された方もとても多くいらっしゃり、とにかくよかったなぁと心から思います。

支援職だからこそ自身のケアを-自分が泣ける場所を作ろう-

そして、開催が終わり、こんなことを感じ、twitterに思わず呟きました。

そう。

支援職というのは、目の前にいる相手のために「強くいなきゃ」と自然と思っている人が多いと思うのです。相手が泣いていれば、自分は泣くわけにはいけない、そんな風に思っている。
でも、いつも泣くのを我慢しているみんなで、いったん一緒に泣いちゃおうよというような場所って必要なんじゃないかと。
そのくらい一生懸命頑張っていることをきちんと認めて、疲れていることも認めて、みんなで一緒にケアすれば、また目の前の誰かのために頑張ることができるのではないかと。

そういう意味で、この「夜マインドフルネス講座」は、みんなが「辛いよ、苦しいよ」という気持ちを持ち寄って、「あなたもだったんだね、一緒にマインドフルネスを使ってみんなで自分をケアしようよ」というあたたかい場になったことがとてもよかったんじゃないかなという気がしています。

感想でたくさんありがとうをもらったけど、私が反対にお礼を言いたいくらい。
私もとてもケアされた感じがしているし、この会はぜひ続けていきたいなと思っています。

次回は6月10日(水)21:30〜23:00

次回の夜マインドフルネス講座の日程は6月10日(水)の夜。

定期的にご自分のケアを続けて欲しいという思いから、何度でも参加して欲しいなと思っています。

また、せっかくケアするからには、客観的にご自分の状態を見てみたい方もいるのでは?ということで、マインドフルネスに関連する尺度を実施の前後で測定することに!

どんどんパワーアップしていくAssemble×Le:selfの夜のマインドフルネス講座、ぜひご参加くださいね!

6月10日(水) 夜マインドフルネスのお申し込みはこちら

プライバシーポリシー サイトマップ ありがとうページ リンク